中間管理職vsゆとり世代の部下!どうマネジメントすべき?

多くの中間管理職が失敗しがちのゆとり世代部下の取り扱い方、教えます!
MENU

中間管理職vsゆとり世代の部下!どうマネジメントすべき?

中間管理職ゆとり 

 

  • ゆとり世代の部下が何を考えているのかわからない!
  • どう取り扱えばいいんだ!?

 

こんな悩みをもつ管理職の方も多いのではないでしょうか?

 

そういえば数年前に「ゆとりですがなにか」という人気ドラマがありましたが、
あのドラマを見て笑いながらもゆとり世代の言動に驚いた方も多いと思います。

 

上司の怒られただけでパワハラだと会社相手に裁判起こしたり…
裁判起こしといて普通にそれからも会社でいつも通り仕事していたり…

 

見てた人にはわかると思いますが、
あれ、驚きませんでした?

 

僕はけっこうな衝撃を受けましたw

 

 

ゆとりですがなにか予告↓

 

 

 

あと、キングオブコント王者である東京03も
ゆとり世代とも言える部下の違和感のわる言動をコントにしてます。

 

ゆとり世代の定番の言い訳↓面白いwww

 

えーっと、念のため言っておきますが
別にゆとり世代だから悪いとか、ゆとり世代全員をディスってるわけではないですからね。

 

ゆとり世代でもしっかりした優秀な人はたくさんいるし、ゆとり世代以外でも糞な仕事できない人間はたくさんいます。

 

 

ただ、やっぱり、ゆとり世代以上としては
ゆとり世代の理解できない言動に出くわすことが多々ある…ように思うわけです。

 

とくに中間管理職にとっては、上司とゆとり部下との間に板挟みにあって苦しんでいる人も多いでしょう。
僕の勝手な意見かもしれませんが、多いでしょう。

 

結構共感してもらえる自信、あります。

 

 

で、結論から言いますが、
こういったストレスを解消するために大事なのは

 

  • 以心伝心なんて今のゆとり世代には期待してはきけないとういこと
  • 自分たち世代とは「育った環境、考え方、観念」がまったく別物であるという認識をすること

 

これらをしっかりと踏まえたうえで、相手に伝えたいこと、行動させたいこと、目的はなにか、
をしっかりと相手に言葉で伝えることが大切です。

かくいうぼくも昔は、みなさんと同じように愚痴をこぼしながらストレスを発散していましたが、

あるきっかけで思考法を変えることによってそれが一切なくなりました。

 

だからこそ言えるのですが、

やはり大事なのは僕たち自身がマネジメントを根本的に学びなおすことだったのです。

 

>>無料レポートのダウンロードはこちら<<

 

こちらは中間管理職の心得をまとめたレポートです。

無料でダウンロードできるのでぜひゆとり部下で困っている方はチェックしていただければと思います。

 

(※ただし期間限定なので終わってたらゴメンナサイ)

このページの先頭へ